本文へ移動

スタッフブログ

RSS(別ウィンドウで開きます) 

食べ物に気を付けていますか?

2020-01-14
こんにちは。モトムラです。
 
普段から食べ物に気を付けている方はどれだけいるでしょうか。
 
年末年始に体重が増えてしまった自分へ、頑張るように言い聞かせる為に書きますね(*_*;
 
今年、食べ控えたいもの
「揚げ物」→おいしいですが。。油が多いです。
「丼もの」→丼ものは白米の量も多くなり、つい食べ過ぎます。
「お菓子」→脂質と糖分が多いので、食べるなら一口だけ。
「ドーナツ」→砂糖やバターがたっぷり入っており、油で揚げて、さらにチョコや砂糖のトッピングは確実にカロリーオーバーですね。
 
全く食べないのは、正直無理だと思いますが意識して少量だけにして今年は健康管理を目標にしようかと思います。
 
 
----------------------------------------------------------------
県内南部、那覇市周辺、小禄地域で建築会社をお探しの方。
私たちがつくる賃貸マンションの特徴の一つは、その多くが完全自由設計であるということ。
自由設計ならではのアイデアを形にすることで、高い入居率を実現してきました。
また、営業担当者の提案力にも自信があります。
お客様の所有している土地の特性を市場調査などによって的確に把握。
「どのような層に向けた賃貸マンションが適しているのか」
「時代のニーズはどのようなものか」。
様々な外部環境を考慮しながら資金計画や事業構想を丁寧に練り上げご提案いたします。
-------------------------------------------------------------------
 
 
 
 
 

2020年もよろしくお願いします。

2020-01-07
新年あけましておめでとうございます。
営業のモトムラです。
 
今年は十二支の始まりの年、子年ですね。
 
初心を忘れず一歩一歩進めていける年にしていきたいと思いますので、よろしくお願い致します。
 
夏にはTOKYOオリンピックが控えており、沖縄でも新滑走路の運用が始まりますね。
 
令和2年は飛躍の年となれるよう、頑張りたいと思います(^^)

何のための企画か。

2019-12-26
こんにちは。営業のモトムラです。
年の瀬も近づき、小中学生が冬休みに入りましたね。気温は冬とは思えない程暖かいです('_')
 
さて、本日は営業活動中つねに考えなければならないのが、”何のための企画か”というところです。
 
建物の企画をするということは、情報収集、分析、立案という作業が伴いまが、この作業には時間とお金がかかっており、はたしてそれが受注に結び付くかは誰にもわかりません。
 
そこで、いくつもある案件のうち不良案件をいかに早いうちに見分けるかという選択能力も必須となります。
 
持ち寄られた案件の中には「とりあえずまったく困ってないが、よほどうまい話しなら少しは話に乗ってみよう」という冷やかし半分の案件もあるのです(*_*;
 
そういった無駄足を踏まないようにするためにはしっかりとした選択能力が必要となってきますね。
 
企画営業の役割は
”お客様にとっての企画とは何だろうか”とつねに考えベストな提案をしていくことだと感じます。
 

建物を建てる前に

2019-12-23
こんにちは、今日は建築用語についてです。
 
建物を建てる前には、「遣方(やりかた)」とよばる正確に建物の位置を決めるために行う作業を行います。
 
遣方は地縄張りの後に行われ、 建物の外壁線より50~60cm離した所に杭を打ち、貫板(ぬきいた)と呼ばれる幅10cm程度の木板を、建物をぐるりと囲むように設置し、そこに隣地境界線や道路境界線から正確に測定し建物の外壁線を記する作業です。
 
建物を建てる際は専門用語がたくさんあり、覚えるのは大変ですがわからないことがあれば気軽にご質問ください。
 
 

多拠点移住とは

2019-12-19
おはようございます。営業のモトムラです。
 
日ごろから「住」について考えて考えてますが、多拠点居住という言葉を聞いたことはありますか?
 
従来、住まいといえば「自宅」が1ヶ所あり、別荘を持つ人が少数ながらいる。というのが一般的でしたね。
 
そうしたなか「複数の住居」を賃貸で提供するサービスがあることをご存知でしょうか。
 
サービス会社が日本各地にある管理家屋を定額制で提供し、会員費を支払えば敷金、礼金、保証金も不要。
 
家具家電、光熱費、インターネット回線料金も含まれているので、移住とは違い引っ越しの手間やコストもかからず生活拠点を誰でも簡単に移すことができるサービス。
 
こういったサービスは、鉄道や航空会社、レンタカー会社も提携し交通手段も含めたビジネス形態となっているので、ますます広がるでしょう。
 
今後、ライフスタイルや働き方が多様化するなか、住まいの新しい形として注目を集めそうですね。
 
沖縄にも近いうちこういったサービスが浸透すると思います。空き家問題を解決する手段として意識をむけておきたいですね。
 
 お問い合わせフォームはこちら
TEL. 098-857-1023
お電話でのお問い合わせもお待ちしています
0
3
3
0
3
9
TOPへ戻る